クロスバイクなのに電動機付き!移動におすすめ「DAITORA-BIKE」

クロスバイクなのに電動機付き!移動におすすめ「DAITORA-BIKE」アウトドア
出典: BOOSTER
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

移動が楽しくなる!軽量な電動クロスバイク「DAITORA-BIKE」

近年は、会社への通勤に自転車を利用する方も多くなってきています。健康のため、あるいは通勤時の満員電車を回避するためなど、目的は様々だと思いますが、快適な自転車通勤をするためには高性能で扱いやすい自転車が欠かせません。

快適に利用できる通勤自転車を探すなら、「DAITORA-BIKE」がおすすめです。「DAITORA-BIKE」はクロスバイクでありながら電動アシスト機能がついているため、軽量性と電動による快適性を兼ね備えたおすすめの自転車です。片手で軽々持ち上げられる軽さで、扱いも楽です。通勤時だけでなく普段の日常生活においても移動が楽しくなる「DAITORA-BIKE」の魅力について解説をします。

クロスバイクなのに電動機付き!移動におすすめ「DAITORA-BIKE」

出典: BOOSTER

スポンサーリンク

「DAITORA-BIKE」のスペックを紹介!

「DAITORA-BIKE」の高いスペックを紹介します。まず、バッテリーには世界的に有名なバッテリーメーカーであるLG化学のものが使用されています。フレーム内蔵型で運転中邪魔になることがなく、取り外すのも簡単で充電がしやすいです。

本体には軽量のアルミフレーム多採用されているため、およそ16kgとかなりの軽量になっています。片手で十分持ち上げられる軽量さで、扱いが非常にやりやすいです。通勤中、階段を通らないといけないケースもあるかもしれませんが、そんな時にも軽々と手持ちで階段を登れます。

タイヤは世界的に有名なKENDA製でパンクの恐れが少なく安心して運転できます。フェリーに乗る場合は前輪を外さないといけないケースがありますが、タイヤの取り外しも手軽に行えて便利です。ギアは充実の7段階変速機能が搭載されています。自分のお好みでこぎ具合やペダルの重さを調整できます。

クロスバイクなのに電動機付き!移動におすすめ「DAITORA-BIKE」

出典: BOOSTER

スマートな見た目も魅力!「DAITORA-BIKE」の利用用途は広い!

「DAITORA-BIKE」の魅力は充実した機能面だけではありません。スマートなデザイン性も魅力的です。電動用のバッテリーはフレームに内蔵できる構造になっているため、目立たずスタイリッシュな見た目に仕上がっています。クロスバイクらしくスポーティーなスタイルが見た目のかっこよさを演出しています。

「DAITORA-BIKE」は、6種類のカラーが用意されています。昔から日本で利用されてきた落ち着いた雰囲気のする色合いです。名称も日本古来の呼び名が用いられているのも特徴で、赤基調で文字が漆黒の「猩々緋」、ピンク基調に文字が紫の「桜」、白が基調で青色の文字の「胡粉」、深緑色が基調で文字がベージュ色の「青丹」、灰色基調の黒色の文字である「消炭」、黒がベースで金色の文字の「黒」の6種類があります。

電動アシストを稼働させて長距離の運転が可能なので、比較的遠い勤務先への自転車通勤にも活用できます。また、普段の日常生活で利用するのももちろんおすすめですし、自転車でデリバリーの仕事をしている方にも快適でスタイリッシュな活動ができるためおすすめです。「DAITORA-BIKE」を利用して快適なシティサイクルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

クロスバイクなのに電動機付き!移動におすすめ「DAITORA-BIKE」

出典: BOOSTER

以上、「DAITORA-BIKE」の魅力について紹介をしてきました。「DAITORA-BIKE」は、BOOSTERのクラウドファンディングサイトで2022年7月12日まで先行販売されています。数量限定なので、興味のある方は是非早めにチェックしてみてください。

移動を楽しくする相棒。快適に、アクティブに街を走る。電動アシスト付きクロスバイク
毎日の通勤通学など移動がラクで快適になります。機能もデザインもこだわりたいあなたにぴったりのクロスバイクです。バッテリーの大きさも、金額も抑えて、スタイリッシュなデザインをベストなコストパフォーマンスでご用意しました。# プロダクト # 便利グッズ # 自転車 # アクティビティ
この記事を書いた人
yokatayama

サラリーマンとして働く中で得た知識をわかりやすい文章でお伝えできたらと思っています。
記事をご覧になった方の生活の参考になれば幸いです。

アウトドア
スポンサーリンク
CF WALKER クラウドファンディングウォーカー
タイトルとURLをコピーしました