コンセント劣化を瞬時に判断!小さな優れもの「WIRECARE」

コンセント劣化を瞬時に判断!小さな優れもの「WIRECARE」ホーム
出典: CAMPFIRE
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

コンセント火災の危険度を「WIRECARE」が察知!

日本における火災事故の1割以上が、コンセントの劣化が原因となっているという統計結果があります。古い建物のコンセントは、劣化が進んでいると発火する恐れがあります。しかし、コンセントの劣化をチェックするためには専門知識が必要であるため、普段自分たちで対処するのは不可能と思われがちです。

そんな時におすすめしたいのが「WIRECARE」です。これは、専門知識も難し操作もなしで、誰でも簡単にコンセントの劣化がチェックできる優れモノです。単にコンセントに指すだけで劣化の進行度を表示してくれる小型のツールです。

「WIRECARE」は、台湾で生まれた商品です。台湾は木造建築が多いため、コンセントを原因とした火災が多いために開発されたとされています。木造建築が多いのは日本も同じなので、非常にメリットの大きい商品といえるのではないでしょうか。

コンセント劣化を瞬時に判断!小さな優れもの「WIRECARE」

出典: CAMPFIRE

スポンサーリンク

操作不要の簡単仕様!プレゼントにも最適

「WIRECARE」は、10cm四方の小さな機械をコンセントに指すだけという簡単仕様です。グリーン・オレンジ・レッドの三段階で劣化の進行度を示してくれます。グリーンなら安全、レッドなら危険な状態であることを示しています。診断結果はたったの10秒。さらに、建物に付属しているコンセントだけでなく、延長コードの劣化状態もチェックできます。

「WIRECARE」は、コンセントに指すだけの簡単仕様なので、高齢者へのプレゼントとしても重宝されています。遠方に住む高齢の両親や祖父母へのプレゼントにする方も増えてきています。日本では、火災による死者の70%程度が65歳以上の高齢者によるものという統計結果もあります。手のひらサイズの小型の機器であるため、かさばる心配も少なく気兼ねなくプレゼントにすることが可能です。

レッドの診断結果が出たら、プロの業者に相談するきっかけになるでしょう。火災事故から未然に家族を守る目的で、ぜひ「WIRECARE」を贈り物として活用してみてはいかがでしょうか。

コンセント劣化を瞬時に判断!小さな優れもの「WIRECARE」

出典: CAMPFIRE

海外やNASAで有用性が証明されている「WIRECARE」

「WIRECARE」の有用性は、様々なシーンで証明されています。例えば、この商品が開発された台湾では、クラウドファンディングでの公募に対し、1カ月間で2,000人以上、1,600万円以上の支援を獲得した実績があります。台湾は木造建築が多く火災のリスクが高いため、注目度が高かったと考えられています。

また、宇宙開発で有名なNASAでも、「WIRECARE」を評価する声があります。NASAに所属する有名な科学者が、「家庭やビジネスにおける回路の安全を確保する良い方法」であると評価しています。さらには、アメリカやヨーロッパの各国において、国家からの認定を受けている事実もあります。

同じ住まいに長時間住んでいると、どうしてもコンセントの劣化は進んでしまいます。また、築年数が経過した賃貸物件も注意する必要があります。自分の安全は自分で守るしかありません。火災を未然に防ぐための出費と考えれば、「WIRECARE」の購入費も安いと考えられるのではないでしょうか。

コンセント劣化を瞬時に判断!小さな優れもの「WIRECARE」

出典: CAMPFIRE

以上、「WIRECARE」の魅力について紹介をしてきました。「WIRECARE」は、CAMPFIREのクラウドファンディングサイトで2022年6月22日まで先行販売されています。数量限定なので、興味のある方は是非早めにチェックしてみてください。

こんな小さな機械、役に立つの?【WIRECARE】をコンセントに差し込んで驚いた
コンセント内部の劣化を外部から判断するには、専門知識や専門機器が必要です。しかし!WIRECARE一つあれば、専門知識不要で、たったの10秒でコンセント劣化の程度が測定できます!使用方法もコンセントにWIRECAREを挿し込むだけで超カンタン!コンセント劣化による火災を未然に防ぎましょう!!

 

この記事を書いた人
yokatayama

サラリーマンとして働く中で得た知識をわかりやすい文章でお伝えできたらと思っています。
記事をご覧になった方の生活の参考になれば幸いです。

ホーム
スポンサーリンク
CF WALKER クラウドファンディングウォーカー
タイトルとURLをコピーしました