チェーンのない自転車がある?「DETOUR」の魅力を紹介!

チェーンのない自転車がある?「DETOUR」の魅力を紹介!アウトドア
CAMPFIRE
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

チェーンが無くても進む自転車「DETOUR」の仕組み

自転車といえば、ペダルをこいでチェーンが動き、タイヤが回転すると理解している方も多いのではないでしょうか。しかし、そんな常識を覆す自転車が販売されています。

今回紹介する「DETOUR」は、チェーンなしでタイヤが回転して進む、画期的な自転車です。「DETOUR」がチェーンなしで進む仕組みには、シャフトドライブと呼ばれる部品が役立っています。これは、自動車が稼働する仕組みと同じです。自動車に装填されているエンジンとタイヤを結んでいるのがシャフトドライブです。頑丈な金属製の軸で、直接動力をタイヤに伝えることができる優れた部品です。

自転車にシャフトドライブの仕組みを搭載している車種は非常に珍しいです。今後、自転車の主流になる可能性があり、その先駆けとして「DETOUR」は注目の商品です。

 

スポンサーリンク

チェーンが無いとどんなメリットがある?

「DETOUR」のように、チェーンなしで稼働する仕組みが採用されている自転車にはどんなメリットがあるでしょうか。最大のメリットとしては、衣類や靴紐、荷物などを巻き込む危険が大幅に軽減できることが挙げられます。一般的な自転車に乗っていて、ズボンのすそがチェーンの設置部分に巻き込まれて破けてしまったという経験をした方も多いのではないでしょうか。その点、チェーンがないと回転している部分が外に位置していないため、巻き込みのトラブルが少なく安全です。

また、チェーンがないことで見た目がすっきりとしておしゃれに見える点もメリットとして挙げられます。チェンは一見するとあまり良い見た目ではありません。自転車をこいでいるときも、くるくると回転しているのが見えており、かっこいいものではありません。その点、チェーンがないとすっきりとした見た目になり、周囲におしゃれな印象を与えられます。

 

 

「DETOUR」は電動自転車!充電も簡単にできる

「DETOUR」は、チェーンがなく見た目もスリムな形状をしていますが、実は電動自転車でもあります。坂道でもすいすいと登れるし、長距離の運転も苦になりません。

さらに、充電のしやすさも注目です。車体の前部のフレームと一体式で設置されているバッテリーは、簡単に取り外し可能です。充電器は小型で、しかも一般的なコンセントで充電することが可能です。

満タンまで充電すれば、最大走行距離は70kmにまで達するとされています。(理論値です。運転の仕方によって前後します。)近年流行りの自転車通勤にもってこいのスペックを備えています。

 

ステップスルー仕様でスカートの女性にもおすすめ!

スカートのまま自転車を運転したいと思っている方も多いのではないでしょうか。ロングスカートの場合、全部のステップが邪魔で自転車にまたがるのが難しいと感じるケースも多いです。

しかし、「DETOUR」は前方のステップがない、ステップスルーの仕様になっているため、ロングスカートでも簡単に自転車にまたがることが可能です。本体は、電動自転車としてはかなり軽量に作られているため、女性でも手軽に取り扱いが可能です。

ロングスカートでおしゃれに移動したいと思っている女性にもおすすめの電動自転車です。ホワイトとブラックの2種類のカラーが用意されているので、ぜひ好みに合わせて購入する商品を選択してください。

まとめ

以上、「DETOUR」の魅力について紹介をしてきました。「DETOUR」は、CAMPFIREのクラウドファンディングサイトで2022年4月29日まで先行販売されています。数量限定なので、興味のある方は是非早めにチェックしてみてください。

数量限定!【チェーンが無い!?電動アシスト自転車】やっと出会えたオシャレデザイン
◎チェーンが無い!?|服をビリっと巻き込まない、汚れない。◎実は、電動アシスト自転車|バッテリーが目立たないオシャレデザイン!急な坂道もスイスイ。◎長距離走っても疲れない|サスペンション、26インチタイヤでお尻も痛くなりにくい。
この記事を書いた人
yokatayama

サラリーマンとして働く中で得た知識をわかりやすい文章でお伝えできたらと思っています。
記事をご覧になった方の生活の参考になれば幸いです。

アウトドア 健康
スポンサーリンク
CF WALKER クラウドファンディングウォーカー
タイトルとURLをコピーしました