塗るだけでコーティング可能!眼鏡の強い味方「CLEAR COATING」

塗るだけでコーティング可能!眼鏡の強い味方「CREAR COATING」ホーム
出典: CAMPFIRE
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

光沢と極硬化がすごい!眼鏡利用者におすすめの「CLEAR COATING」

眼鏡を使っていると、次のような困った経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

  • レンズの汚れがいつも気になってしまう
  • 大事な眼鏡に傷をつけたくない
  • 子供に眼鏡を乱暴に扱われる
  • 指紋がレンズにつくのが嫌

このような眼鏡利用者が多く経験する悩みを解決してくれるおすすめグッズがあります。「CLEAR COATING」といって、塗るだけで眼鏡のレンズの強度を高め、汚れが付きにくくなるという画期的な商品です。常に装着している、生活に欠かせない眼鏡だからこそ、傷や汚れをつけず大事に扱いたいと思う方も多いでしょう。ぜひ「CLEAR COATING」を利用して安心して眼鏡を利用してみてはいかがでしょうか。

塗るだけでコーティング可能!眼鏡の強い味方「CREAR COATING」

出典: CAMPFIRE

スポンサーリンク

「CLEAR COATING」のおすすめポイントを紹介!

「CLEAR COATING」のおすすめポイントは以下のようなものがあります。

  • 視界が鮮明に維持され、汚れにくい
  • 硬度が増し、傷がつきづらく割れにくい
  • 曇り止め効果
  • 効果が持続する

「CLEAR COATING」を使うと、普段使っている眼鏡の視界がしっかりと開けます。汚れづらくなり、長時間装着していてもずっと鮮明で見やすい視界が維持されます。また、コーティングをすることで眼鏡のレンズの硬度が増し、傷がつきづらくなって破損を防止します。

さらに、コーティングをすることで曇り止めの効果も得られます。温度の違う場所や湿気の多い場所などでも曇りにより視界が遮られることが少なくなります。「CLEAR COATING」の場合は、これらの効果が長時間持続するのも魅力です。頻繁にコーティングをし直す必要がなく、長時間快適な状態で眼鏡をかけていられます。

塗るだけでコーティング可能!眼鏡の強い味方「CREAR COATING」

出典: CAMPFIRE

「CLEAR COATING」の商品構成を紹介!

「CLEAR COATING」の商品構成は、以下の内容です。

  • クロス (サイズ:3×3cm)
  • 拭き上げ用クロス (サイズ:約30×30㎝、材質:ポリエステル、ナイロン)
  • 洗浄剤(量:1㏄、重さ3g)
  • コーティング剤(量:0.8㏄、重さ2g)

コーティング剤には、「VIDR-Ft」という素材が利用されています。眼鏡のレンズだけでなく、プラスチックや金属、革など様々な素材にコーティング加工ができる万能の素材です。家庭のキッチン回りでも利用される機会が多く、機能性の高さが証明されています。

洗浄剤は、弱アルカリ性で肌に優しく安心して使用できます。有機物の分解力と除菌力が高く、消臭能力もあります。油成分の分解能力も優れており、水の軟水化で洗浄力を高めてくれます。さらに、帯電防止効果があり、有機物やバクテリアが再度付着することを防いでくれます。

最初に洗浄剤でしっかりと眼鏡のレンズをきれいにした状態でコーティング剤を塗れば眼鏡の快適性が格段にアップします。全体に円を描くようにまんべんなく塗ることがポイントです。

普段から眼鏡を利用している方で、安全にかつ快適に眼鏡を装着したい方にぜひおすすめしたいグッズです。ぜひ試してみて、快適さを実感してみてはいかがでしょうか。

塗るだけでコーティング可能!眼鏡の強い味方「CREAR COATING」

出典: CAMPFIRE

以上、「CLEAR COATING」の魅力について紹介をしてきました。「CLEAR COATING」は、CAMPFIREのクラウドファンディングサイトで2022年6月5日まで先行販売されています。数量限定なので、興味のある方は是非早めにチェックしてみてください。

《光沢&極硬化》塗る眼鏡コーティング★
大切な眼鏡の「キレイ」を保つために!いつまでも新品のような光沢さを取り戻せる国産のコーティングの新技術♪新ガラスコーティング技術で一度塗れば「傷に強い」「汚れにくい」「指紋に強い」目のそばにあるものだからこそ安心の国産を。
この記事を書いた人
yokatayama

サラリーマンとして働く中で得た知識をわかりやすい文章でお伝えできたらと思っています。
記事をご覧になった方の生活の参考になれば幸いです。

ホーム
スポンサーリンク
CF WALKER クラウドファンディングウォーカー
タイトルとURLをコピーしました